医療費の計算が最も重要な仕事

医療費の計算が最も重要な仕事

医療事務のメインのお仕事は、やはり医療費の計算でしょう。受付など様々な業務が絡んでくることもありますが、基本的には医療費の計算を行うのが基本的なお仕事となります。このお仕事は専門知識が無ければできないため、医療事務には様々な資格が存在しています。
医療事務を行なうためには、保険制度の仕組みを詳しく知る必要があります。医療保険にも種類があり、国民健康保険・社会保険・介護保険など患者さんによって使う保険が異なります。正しく患者さんから医療費をいただき、自己負担以外の費用を医療保険側に請求しなければなりません。例えば国民健康保険場合では3割を患者さんが負担し、それ以外の費用を健康保険が負担する事になります。
計算はパソコンがしてくれるため計算の知識は不要ですが、それでも正確に数値を入力し、医療費を計算しなければなりません。正確に事務処理ができること、専門的な医療知識の元に作業を行ないます。医療費の計算を行なう仕事がメインのため、事務や簿記の経験などがあると有利だと言えます。医療費の計算は間違う事が出来なく、正確性とスピードの両方が求められる仕事です。患者さんを相手にする仕事で、作業に時間がかかりすぎても問題が起こります。