医療機関の窓口業務

医療機関の窓口業務

医療事務はレセプトを作成し医療費だけの計算を行なっていれば良いものではありません。医療機関で患者さんが初めて顔を合わせる人で、その病院の顔となる人となります。医療事務は受付業務と医療費の計算と言う2種類の仕事があります。患者さんの対応を行なわなければならず、人と話すのが好きな人や笑顔で対応できる人が求められている傾向になります。淡々と事務作業を行なえばよい仕事では無いため、コミュニケーションスキルも必要となります。大きな病院ではレセプト専門のスタッフが居たりしますが、小さな個人病院では受付もこなすと考えたほうが良いです。
受付業務は始めて患者さんが触れ合う人のため、その病院の印象をとても左右してしまいます。笑顔で優しく接してくれれば、また来院したいと考えますね。保険証や診察券だけを確認するのではなく、その人の人柄も重視されています。病院によっては受け付けさえ行なえば良いと思っている所も有るかもしれませんが、病院も経営者がいる以上は患者さんが来てくれなければなりません。大きな病院では病院案内スタッフを別に設けるなど、医療事務と言っても業務内容が分かれていることもあります。
最低限、身だしなみがきちんとしている事、丁寧な言葉使いが出来る事が条件でしょう。