医療事務の資格って使えるの?どこで使えるの?

医療事務の仕事とは?

医療事務ってどんな仕事なのでしょうか?
名前くらいは聞いた事がある方も多いと思いますが、どのような仕事内容なのかを詳しく知らない方も多いと思います。医療事務は名前からも分かるとおり、病院や調剤薬局など医療機関で事務の仕事を行なっています。受付や医療費の清算などで関わりが深い仕事です。医療機関に受診した時受付を行なって、保険証や診察券の確認を行ないます。大きな病院では入院受付が別になっている事も多いのですが、医療事務として処理している事もあります。
保険証や診察券を元にカルテを取り出し、必要事項を入力したり診察に使いやすいようカルテ管理を行なっています。大きな病院ではカルテを機械で運ばせる事もありますが、人の手で診察室まで移動されたりもします。
診察が終わったら医療費の計算を行ないます。医療保険によっても計算方法は異なり、間違いが無いように計算が行なわれます。患者さんが負担する医療費と医療保険側に請求する費用を割り出します。医療事務ではこの医療費の計算が一番重要となり主な仕事となります。診療報酬明細書を作るためにレセプトという作業を行い、医療保険側に医療費の請求を行ないます。レセプトという名前は一度くらいは聞いた事があるのではないでしょうか。

資格情報

e-医療事務の資格・・・医療事務の資格を最短で取得するためのガイドです。